てんかんという病気、聞いたことがある方も多くいらっしゃると思います。てんかんとは発作を繰り返す脳の病気です。では、いったい何が原因でその病気になってしまうのでしょうか?当サイトでわかりやすくご説明いたします。

てんかんは何が原因でなってしまう?

てんかんとは、脳の異常な興奮などによって神経細胞の働きや電気信号が乱れ、身体的だけでなく精神面でも様々な症状が現れる病気のことを言います。けいれんや失神などが主な症状として挙げられ、小さな子供や赤ちゃんでも起こることがあります。むしろ2歳までの幼児や思春期の少年少女に発症するケースが多く見られ、幼ければ幼いほど成人の患者と違って完治しやすいという特徴があります。てんかんが発症する原因としては、様々なことが考えられます。脳は毎日24時間常に信号を出すなどして働きつづけており、人間が正常な生命維持活動を行ううえで欠かせない存在です。この脳の働きに何らかの異常が起こることでてんかん症状が発症するのですが、正常な人の場合でも多少の脳波の乱れは起こっています。この場合、乱れた瞬間に脳の周囲の組織が異常を抑え込む役目を果たしており、何の症状も出ないまま生活することができているのです。てんかん患者はこのように異常を抑え込む働きが不十分なため、異常が次々に伝播して大きな脳の興奮へと繋がってしまうのです。てんかんは遺伝的な要因や薬物中毒、お酒の飲み過ぎによるアルコール禁断症状やケガ、脳腫瘍など様々な原因で発生します。ケガや病気を原因としている場合はその治療によって改善することも多いですが、遺伝など原因不明の場合は放っておくといつまでも発作が起きてしまいます。このため、発作を予防する目的で投薬治療が行われることが一般的で、成人の場合は発作が起きる限りほぼ一生薬を服用する必要があります。数年単位で発作が起きないことも多いのですが、薬を中止するとすぐに再発して危険なため、自分で勝手に薬をやめたりせず医師の指示に従うことが大切です。